ツインレイや精神の話とか。

“奉仕”ということ

ツインレイの話(←個人的な体験の話以外での)を綴っていることを、書き起こしと表現していますが、要は自動書記のことです。それが起こるのでこれまでも綴ってきているだけのことなのですが、昨日書き起こしている最中、一瞬、その記事内容を見て思考が湧き、書く手が止まった時、“既に全部を分かっていることを、何故知らない振りで塞ぐのか”といったインスピレーションが、ぽんっとやってきました。

そのことがあり、漸く今自分がツインレイ用のサブブログで綴っている事が、頭の知識からではなく、既に知っている・分かっているという感覚から行っていることを、自我でも理解出来ました。

思考でも、自我でも無い場所から、こうして文を綴り続けている訳について、魂の意図であることは分かっていても、自我意識では「何故ツインレイの話を書いているのだろうか」という疑問がありました。その問いに“奉仕”とずっと言われていた意味が、ここでやっと腑に落ちました。