ツインレイや精神の話とか。

還るときには

いつかは誰もが、自分の一対の相手と出会う。自分がここに居るということは、その相手も必ず居るということ。同じ場所であったり、ここではない別の場所であったり、くっついて一緒にいたり。還るときには、また一つ。その時を皆待っている。ここや別のどこかで、互いの魂が思いを馳せながら、それまでの刻を遊んでいる。「いってらっしゃい」と「ただいま」を、何度も織りまぜて。

あなたの道程に愛を込めて。