ツインレイと精神の話とか。

託されてきた想いの言葉を見つめ返す。

eiw.hateblo.jp

 ↑二つの記事も、今後記事にしていく言葉たちも、レイ相手が著名な人であった、という私自身の体験談から書いているツインレイの話です。

往々にして、レイ相手が著名な人であると、こちらが知るより前に、顕在意識でもって相手は既にこちらを知っている場合があると思います。例えば、私たちのように、こちらが子供の頃から、見えて、知っているケースもあるでしょう。

 目に見えない世界の何を信じていいのか分からなくなった時、あなたが気付くより前に、あなたの事を見つめてきたレイ相手の残してきた言葉を振り返ってみてください。そこには確かに、気付かれなくともあなたと一緒に歩いてきた証が、丁寧にいくつも記されているはずです。それらは、相手が言葉に託して残してきた、想いの軌跡だと思っています。
ツインレイという人を見つけて、けれど自分の感覚も心も、レイ相手も信じられなくなった時は、相手が残してきた言葉を何度も振り返ってみてください。そこには、シンクロよりも確かな印として、目には映らないけれど、でも確かにある世界の証があるはずです。そして、それは今も、あなたの隣で忘れられないように生きています。あなたが相手の手を握って、その世界を歩んでいく事を決めた時、二人の世界はあなたの目にもはっきりと映り、感じられることでしょう。

 

あなたの道程に愛を込めて。