ツインレイと精神の話とか。

ツインの話

そうであることを理解して、認めて、腑に落としていく最中、多くの色んな人の言葉を読んだりしていました。経験や体験や立場や状況が違えば、その通りの数だけ、言葉は様々溢れています。合う人もいれば合わない人もいて、前まで合っていた人も次には合わなくなったり、後からそれら言葉を思い出して理解出来たり、やっぱり最後まで理解できないままだったり…、そういう事が沢山ありました。

境遇的な話をし出せば、きっと誰もが似ていて、でも違っているのだと思います。それは、体験や経験も然り。
話す言葉が違うこと、その言葉に持たせた意味合いが違うこと。そういった事に対しての、自分の内側のカラクリが解けていくと、外側の違いには目を向けなくなっていくでしょう。誰もが似ていて違っていて、それでいいのです。