読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインレイと精神の話

視点と二極化においての真実

過去や未来がある、視点
今だけがある、視点
それら全てを視る、視点
ない、視点 …

視点(次元)が違うことで、他者の言葉に、「それは真実ではない」と思うことがあるかもしれない。だが、どの視点にもその視点においての真実があるのだ。
けれど、二極化においての真実は存在しない。

この世は幻想。
視る者が在る時、その視点での〈世界〉が創造されるのだ。


(ここでの“真実”とは、原因究明や解決などの 二極においてのそれ です。非二元の真実は、真我です。

勿論、分離視点や二極での真実を求めることが悪いわけではありません。)