ツインレイや精神の話とか。

私のツインレイ体験

昨日の話~ガイドたちとのやり取り

最近の私自身のツインレイ体験をここで綴り続けている別の理由は、“一つの体験談の流れ”として面白いと感じているからでもあります。そんな感じで、昨日の事も綴ります。 既に知っているという体感や意識があっても、まだまだ自我の意識では少し動揺すること…

新しい地

5~6日前から、物理次元での創造の起こりのようなものがじりじりと近づいているのを、体感にて感じていました。今日サブブログにて「ツインレイ~聖(性)なる教え~」を綴った後、暫くして、“刻が満ちた”“二章目のはじまり”と受け取っていました。そして、こ…

全部が丸く納まっていく。

宇宙(内なる自己)へは、誤魔化しは利かない。「叶えたい」と意図したことの奥底に、「けど、まぁまだ無理だよね」とか「でも、やっぱり叶わないんでしょ?」という思いがあると、宇宙はその思いも汲み取って綺麗に叶えてしまう。だから、「けど、」「でも、…

既に知っている、ということ。

私は、時たま見えてくるある特定の映像等を、これまで“予感"と呼んで認識していた。それが曖昧な予感ではなくて、(大まかなものだが)今後そうなるという明確な事実であることに(個人の意識ではなく)気が付いた時、同時に、“予感"と名付けて見ていた景色を自…

魂の選択

私という個の体験上からですが、執着も外れた、思考無きところからの選択に、『レイ相手と三次元(肉体)的に一緒にいること』があります。それは、自我無きところからの自我の選択と言いますか、言い換えて、魂からの選択とも言えますが、そんなところからの…

ある日のビジョンの2

[ある日のビジョン]に続く後半部分にあたるだろうビジョンは、前半部分を見るよりもずっと前に、一度見た映像でした。その後、二度目に繰り返して見せられた時は、今から一月ほど前の、眠りに就こうとした矢先でした。何の前触れもなく始まった映像には、…

ある日のビジョン〈光の記憶〉

最近、眠りに就こうとした時に見せられたビジョンが一つありました。それは、私が〈私〉として肉体を持つ前の様子に見えました。その日の日中、「はじまりはどこだろう」とふと思った瞬間があり、その時に、ぶわーっと広がった光を垣間見ていました。どうや…